昭王 〜大秦帝国の夜明け〜 その1

810uMv22YmL._AC_SY445_.jpg

中国歴史ドラマ「大秦帝国」の3作目、「昭王 ~大秦帝国の夜明け~」全38話を見ました。

このシリーズの1作目で、辺境の地で弱小国となっていた秦を大国へと導いた、孝公と商鞅の姿を描いた「大秦帝国」、さらなる強国への道を築き上げた恵文王と張儀の姿を描いた2作目「大秦帝国 縦横 ~強国への道~」は、ともに正統派の歴史劇で大いに楽しんで鑑賞いたしました。

1作目「大秦帝国」の記事はココログとともに失われましたが、2作目の記事はこちらです。

https://22596950.at.webry.info/201603/article_7.html
https://22596950.at.webry.info/201603/article_8.html

昭王(昭襄王)は、恵文王の息子で第28代の君主で、第3代目の秦王(それまでは公を名乗っていた)です。姓名は嬴稷(えいしょく)。

1に使う.jpg

恵文王の後を継ぎ27代君主になっていた武王が、鼎を持ちあげて頸椎を折って急死した為、急遽若くして王となりました。

若年で王位についたため、最初は母親の宣太后(羋八子)が摂政となる。補佐には宣太后の弟の魏冄がつき、この2人は絶大な権力を握り、昭王は成人した後も長く権勢をふるい続けます。

ドラマの前半は、出来る女である宣太后と、いざという時には本当に頼りになる魏冄を、なかなか切り捨てられない若き昭王の姿が描かれていきます。

やがて、魏で辱めを受けて命からがら秦へ逃げてきた范雎(はんしょ)を登用し、徐々に魏冄を排除していきます。その頃、魏冄は王室よりも遥かに多くの財をため込んでいました。

1に使うC.jpg

ドラマの後半は宰相となった范雎、そして魏冄の部下で、連戦連勝負け知らずの軍神、白起とともに、天下統一への快進撃を続けていく様子が描かれていく。後半はほぼ、性格の恐ろしく悪い范雎の数々の陰謀を背景に、次々と戦に大勝し続ける白起の姿がメインとなっていきます。

いや、白起は本当に凄いんですよ。最終的にあれこれとあって、白起は昭王によって自害させられるのですが、その頃には秦に敵対出来る国は皆無となっていました。

1に使うD.jpg

それでも、7か国もある中華を統一するっていうのは、そう簡単な事ではないってのが、ドラマを見ていると本当によくわかります。そして、始皇帝が中華統一出来たのも彼だけの成果などではなく、こうして100年以上もかけて国力を増大し続けてきたからだと言うのも、このシリーズを見ていると本当によくわかりますし、統一への礎は昭王が築き上げたと言って過言じゃないでしょうね。

1に使うE.png

内容の厚みが凄すぎて、とても私などではちゃんとした記事に出来ないのですが、苦言を弄するとしたら、ドラマ作りが下手すぎ。(;´∀`) 内容の凄さにおんぶにだっこじゃダメなんだよ・・と中華歴史ドラマ見る度に思います。

ここらあたりは韓国のドラマをみならって欲しいです。せめて各話のエンディングくらい、「めっちゃ次見たい!」って思わせるか、きちんと一つの段取りを終わらせる様にまとめて欲しいんだよな。いつも、中途半端なところでブツ!って終わるんですよね。

1に使うF.jpg

まあでも見終わっての感動は、韓国歴史ドラマ、そして日本の歴史ドラマより、数倍ズシン!とくるんですけどね。もう中国の歴史は色々と凄いんですよね、ホント。

次はいよいよシリーズ最終の「始皇帝」ドラマになりますが、いつ見られるかな~。めちゃくちゃ楽しみなのです!

その2へ続きます。

大秦帝国 DVD-BOX - ホウ・ヨン, ワン・ジーフェイ, カオ・ユエンユエン, ソン・フェイフー, リュイ・チョン, ユウ・ヨン, 黄健中, 延芸
大秦帝国 DVD-BOX - ホウ・ヨン, ワン・ジーフェイ, カオ・ユエンユエン, ソン・フェイフー, リュイ・チョン, ユウ・ヨン, 黄健中, 延芸

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント