2021年5月・6月に見た映画

5月~6月はDVDレンタルで5本鑑賞しました。ワケあって見たい!と思った作品がアマゾンプライムになかったので借りましたが、レンタルの方が期限切られてるのでとっとと見ますよね。
^^;

「マグノリア」
Magnolia
1999年/アメリカ (監)ポール・トーマス・アンダーソン
(演)ジェレミー・ブラックマン トム・クルーズ メリンダ・ディロン フィリップ・ベイカー・ホール フィリップ・シーモア・ホフマン
ウィリアム・H・メイシー ジュリアン・ムーア ジェイソン・ロバーズ ジョン・C・ライリー
☆☆☆★★★

51NGD70Y0KL._AC_SY445_.jpg

死期を迎えた大物プロデューサー、彼と確執のある息子、プロデューサーの妻とその看護人、ガンを宣告されたTV人気司会者、彼に恨みを持つ娘、娘に恋する警官、過去の栄光にすがる元天才少年など、LAに住むさまざまな人間たちの24時間を描く。

これらの様々な人々の群像劇なのですが、不思議な糸で彼らはつながっているのです。

先日記事にした「トム・クルーズ総選挙」でこの作品10位だったのですが、内容を聞いててとても良さそうだな~と思いレンタルしました。

私にとっては、初P・T・アンダーソン作品。トム・クルーズはこの作品でアカデミー助演男優賞にノミネート、惜しくも受賞は逃しましたが(「サイダーハウス・ルール」のマイケル・ケインが受賞。これは仕方ないかもな~)、ゴールデングローブの助演男優賞を受賞してます。

これね、けっこう不思議な映画で、メインの群像劇はオーソドックスなものなのですが、全体の構図が非常に凝っている作品です。見応えもあるし、登場人物達の物語を見守っていると、終盤で「え!?何これ」っていう事が起こります。

ビックリして欲しいので、ここでは記述しませんが、あれは一体何を意味するんだろう。とにかくそのビックリ案件で色んな事が解決へ向かっていくんですよね。

ところで、トム・クルーズは素晴らしかったよ。セックス教の教祖みたいな怪しい自己啓発のリーダーなんですが、まだ若くてハンサムで、あのうさん臭さは絶品です。

この映画のこの1曲 

サウンドトラックはほとんどエイミー・マンの歌で構成されていて、この映画は彼女の歌からインスパイアされてつくった作品なのだそうですよ。

Momentum エイミー・マン
https://www.youtube.com/watch?v=YX33Es4lQdc


「ヴェニスの商人」
The Merchant Of Venice
2004年/アメリカ・イタリア・ルクセンブルグ・イギリス (監)マイケル・ラドフォード
(演)アル・パチーノ ジェレミー・アイアンズ ジョセフ・ファインズ リン・コリンズ
☆☆☆★★★

51B27QBBNVL._AC_.jpg

きちんとお話を知らなかった「ヴェニスの商人」の全体像が掴めました!シェイクスピア祭りの一環としてDVDレンタル。

これ恐らくはそもそも喜劇なんだろうと思う。しかし、現代人の目からするとあまりにもユダヤ人差別の描写が凄くて、「これ大丈夫なの?」と危ぶんだくらいでしたが、案の定、アメリカ等では「ヴェニスの商人」の排斥運動も少なからずあるらしいです。

この映画版は、21世紀になってからの作品だという事、シャイロックをアル・パチーノが演じている事もあり、思いのほか重たい作品になってたのではないかしら?オリジナルの舞台を見ていないのでわからないけれど、少なくともシャイロックのシーンはリアリズムで貫かれてる気がしました。

この映画がもとは喜劇だったのだろうとわかるのは、ポーシャが男装して、シャイロックの申し立てを論破するシーンあたりです。ポーシャがらみのシーンはシェイクスピアらしくて凄く好き。ああ、ここはオリジナルに近いんだろうなと言うのがよくわかる。

それだけにシャイロックのシーンとのバランスがよくない気がしました。とにかく、パチーノの演技が真に迫っているので、何だかシャイロックが物凄く可愛そうになってしまいました。

これ原作の戯曲だけでも読まんといけないかな~。

「Space Battleship ヤマト」
2010年/日本 (監)山崎貴
(演)木村拓哉 黒木メイサ 柳葉敏郎 緒形直人 高島礼子 西田敏行 堤真一 橋爪功 池内博之 波岡一喜 山崎努 斎藤工
☆☆☆★

714ZG3886XL._AC_SL1500_.jpg

満を持して作られた「宇宙戦艦ヤマト」の実写劇場映画です!

「ヤマト」は昔からそれほど好きじゃなくて、これも観る気まったくなかったのですが、先日何気なく聴いた、宇多丸さんによるこの映画の評論がめっちゃくちゃ面白くて(3回くらい聞いちゃいました)とにもかくにも見たくなりDVDレンタルしました。

ヤマトがTBSの出資なので、TBSラジオの宇多丸さんは暗号で酷評放送してるんだけど、もう爆笑だし、めちゃくちゃ映画見たくなりますから、逆に凄い宣伝になったと思う。

宇多丸が映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を暗号で酷評【暗号表あり】
https://www.youtube.com/watch?v=azIsyT-34to

で、映画ですが、まあ確かに「何じゃこりゃ」映画です。特撮シーンはなかなか良いシーンもあるんだけど、ドラマ部分が最悪で、こういう部分を脱却出来ないと、日本特撮映画は永久にハリウッドに追いつけない。製作費の問題だけじゃないと思うよ。「シン・ゴジラ」みたいな傑作もあるので、もっとがんばって欲しいです。

キムタクはそう悪くなかったよ。


「コップランド」
Cop Land
1997年/アメリカ (監)ジェームズ・マンゴールド
(演)シルベスター・スタローン ハーヴェイ・カイテル レイ・リオッタ ロバート・デ・ニーロ ピーター・バーグ ロバート・パトリック
☆☆☆★★

61q1BkRFArL._AC_SL1000_.jpg

NY市警の警官が多く暮らす街、ニュージャージー州ギャリソン。ここはコップランドと呼ばれ、住民達の結束は強く、保安官のフレディは平穏無事な日々を送っていた。だがある日、管内で警官の誤射事件が起こり・・・。

スタローンが体重を増やし、ダメな保安官を演じているのが印象的。彼は昔の事故が原因で片耳の聴力がなく、NYPDの試験に何度も落ちていた。

そんなある日、ある諍いが原因で警官一人が命を落とす事件が起こる。それがきっかけで巻き起こる警官による事実の隠蔽と汚職を目にしたスタローンは立ち上がる事を決めるが・・。

少し前に劇場でみた「21ブリッジ」と根っこの問題は同じで、アメリカ社会の警察組織の問題が浮かび上がってくるつくりになってて堪能出来ました。

これも宇多丸さんのラジオ番組でやった「スタローン総選挙」の時にこれが9位だったので気になってDVDレンタルしました。

これも面白かったのでお暇な時にでもどうぞ。ちなみに私のスタローン映画のベストは「コブラ」です!

【特集】宇多丸「スタローンだらけのアカデミー賞」ゲスト:関根勤,コンバットREC,春日太一
https://www.youtube.com/watch?v=y8rVXH78EI4


「マクベス」
Macbeth
2015年/イギリス・フランス・アメリカ (監)ジャスティン・カーゼル
(演)マイケル・ファスベンダー マリオン・コティヤール デヴィッド・シューリス エリザベス・デビッキ ジャック・レイナー
☆☆☆★★

51LOqDxHUVL._AC_.jpg

シェイクスピア祭りのためにDVDレンタル。何か、見たい映画に限ってアマゾンプライムにないんだよな。

「マクベス」はシェイクスピアの四大悲劇の1本。3人の魔女から「やがてスコットランドの王になる」と予言された将軍マクベスは妻からも背中を押されて王を暗殺。王位につくも、自分自身の暗殺の恐怖から前王の忠臣達を次々と粛清して暴政をおこなう。

バーナムの森が動かない限り王位は安泰だという予言をうけて安心していたマクベスはある日、森が動くのを見る。それはイングランドへ逃亡していた前王の息子のマルカム王子率いる討伐軍だった。

「マクベス」は、黒澤明の「蜘蛛巣城」だけは見た事があって、作品的には「蜘蛛巣城」には全く及ばない凡庸な出来でしたが、とにかくオリジナルの設定通りの物語を見られたのは良かったです。

マクベスを演じるのはマイケル・ファスベンダーで、なかなか良かったです。

「マクベス」の中の有名なシーン、通称トゥモロー・スピーチ。14分22秒くらいから。

From Orson Welles to Michael Fassbender: A Study of Macbeth's Soliloquy
https://www.youtube.com/watch?v=i3p2HnNicug

シェイクスピアって面白すぎ!シェイクスピア映画DVD10本セットを買ったので、またおいおい鑑賞して記事にしてみます。オーソン・ウェルズの作品が3本入ってるのです!楽しみ!


DVD>シェイクスピア映画大全集(10枚組) ロミオとジュリエット/ハムレット/リア王/オセロ/マクベス/ (<DVD>) - ウィリアム・シェイクスピア
DVD>シェイクスピア映画大全集(10枚組) ロミオとジュリエット/ハムレット/リア王/オセロ/マクベス/ (<DVD>) - ウィリアム・シェイクスピア


コブラ [Blu-ray] - シルベスター・スタローン, ブリジッド・ニールセン, レニー・サントーン, ジョージ・P・コスマトス
コブラ [Blu-ray] - シルベスター・スタローン, ブリジッド・ニールセン, レニー・サントーン, ジョージ・P・コスマトス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2021年07月20日 23:48
ごみつさん☆
シェイクスピア祭り!いいですね~
私もやってみようかな?このところ忙しすぎて、まともに配信も見られれないので、夏休み腰を落ち着けて色々見たいデス☆彡
「マグノリア」は二人がまだ結婚していた時の映画ですよね?
怪しさ満点でした。ラスト確かに??ってなったような?

スタローンのベストはコブラなのですね??
私は彼が年を取ってからの作品が好きで、やっぱり「エクスぺ」かなぁ。

「ヤマト」はヤバいですよ。昔アニメ好きだったから見たけど・・・
皆コスプレになってて、しっかり笑いました。
ごみつ
2021年07月21日 01:22
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは。
私も夜は疲れちゃって配信は全然見れてません。レンタルは期限があるので無理にでも見るので、レンタルの方がきちんと鑑賞出来る感じ、お金がもったいないけど。(;^ω^)

二人が結婚していた時っていうのは、トムとニコール・キッドマンの事かな?
「マグノリア」にはキッドマンは出てないんだけど、2人はこの時期夫婦だったみたい。

スタローンは大体、ロッキー派とランボー派にわかれるんですが、コブラ派閥というのがあって(笑)、私はコブラ派です。かっこいいんですよ、これ。「エクスペンダブルズ」シリーズも好きです。

劇場でも流れた「エクスペンダブルズ3」のティーザーがすっごいかっこいいんですよ。↓ 見てね。

https://www.youtube.com/watch?v=OuXkXJ1fPuk

実写「ヤマト」ご覧になってたんですね!もう文句つけだしたらきりのない映画でしたが、それなりに楽しめました。
宇多丸さんの評論、おもろいので、時間がある時にでも是非聴いてみて~。


kinkacho
2021年07月21日 09:42
ごみつさん、こんにちは。
シェイクスピア作品は「全作舞台で見る!」を大昔に誓いを立てたのですが、日本で、しかも大阪在住で、全作見るのは不可能かと悟りました。
バレエや歌舞伎と々で関西にはメジャー作品しか回ってこないのです!
ならば映画で!とも思ったのですが、これもメジャー作品しか映画化されない...
よく考えたら、シェイクスピアって古典だから、今の感覚と合わないところが多々あるので、全作上演はやはり難しいのかと思います。
まあ演出家の腕次第で普遍性を取り出すことは可能なのですがね。
ごみつ
2021年07月21日 22:41
Kinkacho さん

こんばんは。

私もつい先日知ったのですが、彩の国シェイクスピアシリーズではシェイクスピアを全作公演したんですね!
蜷川幸雄が1998年にはじめて、吉田鋼太郎がひきついで、何と今年の5月に全ての上演を果たしたんですって。
何と言う事だ!また誰かやってくんないかな~。

そうそう、映画も有名なのしかつくられませんよね。レンタルDVDだと、見た事ないのは、「テンペスト」と「タイタス」(タイタス・アンドロニカス)だけになりました。
有名な作品でもDVDレンタルにもなかったりして、おいおい見ていくしかなそうです。

ホント、「コリオレイナス」とか「シンベリン」とかは本、読むしかないんでしょうかね・・。
BBCとかで全作、テレビドラマ化とかしてくんないかな~。


2021年07月22日 08:59
ごみつさん、おはようございます。
「マグノリア」は見たいと思いながら、見損ねている映画です。
「マグノリアの花たち」の方は見ているのですが...。
マグノリアは、昔住んでいたアメリカ南部を象徴する花なので
特に思い入れがあるのです。でも舞台はLAなのですね?
トム・クルーズの演技も楽しみです。

コップランドは豪華キャストですねー!
デニーロも出ているし、私もこれ見てみたい!!
近くにレンタル屋さんが1軒もなくなっちゃったし
DISCASもやめちゃったので、AmazonPrime頼みですが
機会があったら是非見たいです。
ごみつ
2021年07月23日 01:53
セレンディピティ さん

こんばんは。
私は「マグノリアの花たち」の方が未見なんですが、この2本、ちょっと混同しちゃいますよね。
ちょっと変わった映画ですが面白かったですよ。トム・クルーズだけでも見る価値あると思います。

「コップランド」はキャストが豪華なので楽しめました。すごい傑作ではないですが、スタローンにしては珍しい役を演じてますので、もしもプライムにアップされましたら是非是非。