THE BATMAN - ザ・バットマン

The Batman
2021年/アメリカ (監)マット・リーヴス
(演)ロバート・パテインソン ゾーイ・クラヴィッツ ポール・ダノ ジェフリー・ライト ジョン・タトゥーロ ピーター・サースガード
ナディ・サーキス コリン・ファレル
☆☆☆★★★

the batman1.jpg

バットマンがリセットされて戻ってきた!!
今まで何度も書いてますが、私はアメコミヒーローの中では断トツでバットマンが好きなのです。

その理由は、暗闇の中で、普通~の人間が(大金持ちだけど)、コウモリのコスプレをして、悪党を懲らしめるっていう、その病的なヒーロー像。両親を目の前で惨殺された事による心の傷が彼に与えている狂気。

そんなこんなが一体化しているあのダークヒーローが私は大好きなんですよ!

だからバットマンが、ジャスティスリーグにいるのは、そのキャラクターの魅力を殺してしまうだけじゃなく、まわりが宇宙人だのデミゴッドばっかりで、結局ただのお金を出すスポンサーみたいになっちまったではないですか。

それを見て私は泣いたね。泣きました。(笑)ジャスティスリーグでバットマンを演じたベン・アフレック気の毒だったな~。

前置きが長くなりましたが、今回の「ザ・バットマン」に関しては、予告編の段階では、流石のダークヒーロー好きの私でも「暗すぎるんじゃないのか?」と危ぶんでいました。「何でも暗く、リアルにすれば良いってもんじゃないだろう?」とさえ思ってましたが、いざ鑑賞してみたら、めっちゃくちゃ良かった。

the batman2.jpg

ああ、私の愛するバットマンが帰ってきた!っていう感慨。冒頭あたり、暗闇の中から姿をあらわすバットマンな!警察からもドン引きされて憎まれているちょっとサイコ野郎でもあるんですよ、彼は。お話を追っていくとわかってくるけれど、今回のヴィランであるポール・ダノ演じるリドラーと、バットマンは鏡像関係にあるんですよね。

「復讐」をキーワードにやっている事は実は同じ。それに気が付いたバットマンこと、ブルース・ウェインの成長物語にもなっているのです。

あと、どなたかが映画評で語っていたのですが、この映画は「ジョーカー」に対するヒーロー側からのアンサー映画でもあるっておっしゃってて、まさにその通りだと思いました。

バットマンのアメコミ原作に「イヤー・ワン」「イヤー・ツー」(合本で和訳も出てますよ)っていうのがあって、この映画は「イヤー・ツー」をベースにして、そのほかの原作コミックをミックスして作られているとの事。「イヤー・ワン」はクリストファー・ノーランの「バットマン・ビギンズ」が該当してるんだと思いますが、この頃、ブルース・ウェインの頭には悪への復讐心しかなく、非常に描き甲斐のあるパートだと思います。

冒頭あたりは、猟奇殺人事件を追うノワールディテクティブものみたいで良かったな~。撮影が完璧だったし、音楽も素晴らしかった。

3時間近くあって長いけれど、ロバート・パティンソンをはじめ役者陣も良くて見ごたえありました。バットマンを愛する諸兄姉、「ジョーカー」にグっときた人には超お勧めです!


 この映画のこの1曲 ニルヴァーナだ~。

THE BATMAN Music Video - Something in The Way | Nirvana
https://www.youtube.com/watch?v=OgoxCfb5DZw&list=RDOgoxCfb5DZw&index=1

おまけ

最後の映像、リドラーと話してる囚人誰だと思ってたら、あれジョーカーなのね。演じてるのバリー・コーガンだよ。


バットマン:イヤーワン/イヤーツー - フランク・ミラー, マイク・W・バー, デビッド・マツケリー, アラン・デイビス, トッド・マクファーレン, 秋友克也, 石川裕人
バットマン:イヤーワン/イヤーツー - フランク・ミラー, マイク・W・バー, デビッド・マツケリー, アラン・デイビス, トッド・マクファーレン, 秋友克也, 石川裕人


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2022年04月12日 11:49
ごみつさん☆
今回のバットマンなかなか良かったですよね。私も同じ理由でバットマンには思い入れがあるので、この暗さに胸をなでおろしている所です。
幸いにもジャスティスリーグ見なかったので、泣かずに済みました(笑
ただロバート・パティンソンの青臭さが今回は非常にマッチしていたのですけど、この先成長した大人としてのバットマンをどう演じるのか興味津々です。
やっぱりというか、ジョーカーなのですね?
彼はもう捕まってるんだっけ?
ごみつ
2022年04月12日 19:42
ノルウェーまだ~む 様

こんばんは。
「ザ・バットマン」良かったですよね~。
ホントに、私達の愛するダークヒーローが戻ってきてくれて、それだけでも嬉しいですよね。

最初、次のバットマンにR・パティンソンが決まった時には、「えぇ~」ってガッカリモードでしたが、「テネット」での彼の演技を見て、「今の彼なら大丈夫だ!」と思えました。

クリスチャン・ベールと肩を並べるくらいのバットマン(ブルース・ウェイン)になってくれると良いですよね。期待したいです。

ジョーカーの役どころの設定は毎回変わるので、今回のバットマンではどうなんでしょうね。
基本的に、ジョーカーはバットマンよりかなり年上のはずなんですが、バリー・コーガンが演じるので、同じ年代に設定されてるかもね。
2022年04月12日 21:10
ごみつさん、こちらにも。

ごみつさんの「バットマン」愛♡伝わってきました(*^-^*)

ジャスティスリーグでのバットマン・・・・同感です~~(>_<)あぁ~~、ダークヒーローがぁ~~!ここにいちゃいかん!と私も思っていました。

パティンソンもええ~~っ!と(決まった時には)思っていたのですが、「テネット」とっても良かったですよね。
なので本作も楽しみです・・・。ですがどうやらレンタルか配信になりそうなのでそれまでお楽しみにしておきます。

ジョーカーがバリー・コーガン!!おおっ!!それも楽しみです。
ごみつ
2022年04月13日 17:39
瞳 様

こんにちは。
コメント有難うございます。

バットマン、昔のテレビシリーズのはチラっと見た記憶があるのですが、はまったのは、やっぱティム・バートン&マイケル・キートンの「バットマン」からですね!
ティム・バートンがつくりあげたファンタジックなゴッサムシティの描写と、ダークヒーローとしてのバットマンの存在がバッチリはまってました。

ノーラン版からテイストが変わりましたが、「バットマンVSスーパーマン」から続くジャスティスリーグは、映画としては悪くないんだけど、バットマンの扱いがひどくて残念でした~。

その点今回の作品は良かったですよ。デビッド・フィンチャー味が強いです。配信とかで是非!(*'ω'*)

この記事へのトラックバック