クラーナハ展 五〇〇年後の誘惑

画像


ブログ友達のはなこさんからチケットをいただいたので、上野の国立西洋美術館で開催中の「クラーナハ展」に行ってきました。クラーナハは昔から大好きな画家なので、楽しみにしていた展覧会です。

クラーナハの回顧展は日本で初めてとの事!今回の展覧会は本当に貴重な機会です。

ルカス・クラーナハはドイツ・ルネサンスを代表する芸術家で、当時宗教改革まっただ中のドイツにて、マルティン・ルターとも深い関係にありました。

↓このルターはまだ若いですね。

画像


宗教改革がはじまったのが1517年で、今年はちょうど500年目にあたり、長い時を経た今でも魅力を放ち続けるクラーナハの作品に私も接してまいりました。

クラーナハの作品の持つ独特の魅力は、女性像において最も顕著だと思うのですが、私は昔から彼が描くヴィーナス像に魅かれていました。イタリアルネサンスで描かれるヴィーナス像の豊満な美しさに比べると、とても痩身で、しかも冷たい表情を浮かべているのに、何とも言えないエロスを感じたものでした。

画像


「やっぱ、ドイツは違うな・・」と、若い頃は、歴史的、文化的背景はほとんど知りませんでしたが、作品からはその違いがひしひしと伝わってきたものでした。

今回、実際に彼の様々な作品を目の前にして思った事は、自らの持っている才能の高さをよく理解していて、なおかつ才能に飲み込まれず、表現したいと思っている事を、これまた天才にしか出来ない才能のもとで作品化しているな・・っていう感じでした。静謐な様でいて、根底にある情熱やドロドロしたものなんかが顔をのぞかせているんですよね。

ルクレティア

画像


アダムとイヴ

画像


500年前、宗教改革で揺れるドイツの時代の空気を感じながら、クラーナハの作品の放つ独特の冷たい魅力に接しながら、この展覧会は久しぶりで心から心酔した展覧会です。

ロトとその娘たち

画像


会期は1月15日まで。超お勧めの展覧会です!

"クラーナハ展 五〇〇年後の誘惑" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント