坂本ですが?

「坂本ですが?」全4巻
佐野菜見著 エンターブレイン刊
☆☆☆★★★

画像


私は最近あまりマンガを読んでいない事もあって、この作品を知ったのも、実は職場に入荷してきた英語翻訳版のコミックから。

ページをめくってみると、何だか凄い面白い!これはきちんと日本語版で読もうと思っていたところ、アマゾンプライムビデオでテレビアニメ版が見られる事がわかり早速視聴。

画像


アニメも凄い面白かったので、コミックも中古で全4巻まとめて購入してしまいました。

クール、クーラー、クーレスト高校生の登場!

この物語は、とあるクール、いや、クーレストな高校生・坂本の学園生活を綴ったものである――。
入学早々、クラスの、いや学校中の注目を集める一人の生徒がいた。その名は坂本(さかもと)。彼にかかれば、ただの反復横跳びは、秘技「レペティションサイドステップ」へと変貌し、上級生からの「パシリ」は、「おもてなし」へとクラスチェンジする。そんな彼のクールな一挙手一投足から、目が離せない。(商品説明より)

画像


どこから来たのか、私生活の全てが謎に包まれている美形男子高校生の坂本君の周りで起きる、出来事がナンセンスコメディタッチでクールに(笑)展開するマンガなのですが、このコメディセンスが私のツボにぴったりはまるので、もうホント愛すべきマンガでした。

これ、作者の佐野菜見さんのデビュー作なのね。マンガはもっともっと坂本君を見ていたい!っていう4巻全24話で終わりますが、きっとこれくらいのエピソード数で良かったのでしょうね。ずるずると引きずらなかったのが成功だと思うし、出来ればシーズン2とかは発表しないで欲しいな。

でも単発で外伝っぽいエピソードならもうちょっと読んでみたいな~。

画像

"坂本ですが?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント