レッド・スパロー

Red Sparrow
2018年/アメリカ (監)フランシス・ローレンス
(演)ジェニファー・ローレンス ジョエル・エドガートン マティアス・スーナールツ シャーロット・ランプリング メアリー=ルイーズ・パーカー ジェレミー・アイアンズ キーラン・ハインズ
☆☆☆★★

画像


実際にCIAの工作員だったジェイソン・マシューズによるベストセラー小説の映画化作品。軽く追っかけをしている(笑)ジョエル・エドガートンが出ているので早速見に行ってきました。

ケガのためにバレリーナの道を絶たれたドミニカ・エゴロワ(ジェニロー)。病気の母の治療費を稼ぐためにロシア政府の高官だった叔父の誘いにのり政府の工作員として仕事を引き受ける。

画像


それはハニートラップでミッションを遂行するスパイ組織「スパロー」の仕事だった。養成所での過酷な訓練を優秀な成績で終えた彼女は、ロシア情報部に潜むアメリカの二重スパイ、モグラをあぶり出すための任務につく。

モグラと通じているCIA工作員のネイト・ナッシュ(エドガートン)に接近するためにブダペストへと向かったドミニカだったが・・・。

画像


ジョエル・エドガートンが出ているのと、大好きなジェニファー・ローレンスが主演なので楽しみにしていた本作、内容的には大きな期待はしていませんでしたが、なかなか良かったですよ。ストーリーの中にラストへと続く幾つかのトラップが仕掛けてあるので、集中して鑑賞して下さいね。

画像


「は~~なるほどな~~」となるラストを楽しむために、あまりストーリーは語れないのですが、とにかくジェニファー・ローレンスの演技が相変わらず見事です。表情の作り方は天才的だと思う。

彼女はもともとはボリショイバレエ団のプリマドンナだったのですが、バレリーナにしては肉付きが良すぎるかな~っていう感じで、このあたりは「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマンには負けてますが、その肉付きの良さが後半の彼女の魅力にもなっているので、是非お楽しみに。

画像


R15指定で、けっこうエロチックサスペンスなところがあるので、そのあたりも最近では新鮮な感じがしました。

エドガートンは完全に彼女をひきたてるための役回りに徹しているのも素晴らしい。私は、彼のそんなところが役者として凄く好きなんですよ。

画像


いつもは鑑賞した順番に記事にしているのですが、この作品は宣伝もしたいので早速ブログ記事にしてみました。エロチックスパイサスペンス映画に興味のある方は是非劇場へ足をお運び下さい!

しかし、ロシアもハリウッドの好き勝手にさせておかないで、アメリカを悪者にしたスパイ映画を撮っても良いのではないでしょうか?日本で上映されないだけであるのかな?(;^ω^)

画像




レッド・スパロー (上) (ハヤカワ文庫 NV)
早川書房
ジェイソン・マシューズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レッド・スパロー (上) (ハヤカワ文庫 NV) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



レッド・スパロー (下) (ハヤカワ文庫 NV)
早川書房
ジェイソン・マシューズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レッド・スパロー (下) (ハヤカワ文庫 NV) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"レッド・スパロー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント