ル・コルビュジェ 絵画から建築へ ピュリスムの時代

画像


https://lecorbusier2019.jp/

国立西洋美術館開館60周年記念として開催中の「ル・コルビュジェ」展に行って来ました。

↓ 国立西洋美術館はル・コルビュジェの設計です。

画像


私は現在、都内の大型書店の洋書売り場で働いていますが、そこに転職する前は、建築意匠をメインとしたデザイン全般の洋書を扱う小さな書店で12年ほど仕事をしていました。

この12年で、学ばせていただいた事、与えてもらった刺激の大きさは、口では説明出来ないくらいで、以降の仕事の上でも大いに役立つ知識をたくさん得た時間でした。

ル・コルビュジェと言えば、建築の好きな方なら知らない人はいないくらいのビッグネームで、ミース・ファン・デル・ロエ、フランク・ロイド・ライトとともに近代建築の三大巨匠と位置付けられています。

今回の展覧会は、ル・コルビュジェが建築家として名を馳せる以前、本名のシャルル=エドゥアール・ジャンヌレの名前、故郷のスイスを離れ、パリで「ピュリスム」(純粋主義)の運動を推進した、彼の若き時代に焦点を当てた内容でした。

↓シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジェ) 「多数のオブジェのある静物」

画像


第一次世界大戦終結後の1918年、彼は画家のアメデ・オザンファンとともにピュリスムの運動をスタートさせます。

↓オザンファン 「和音」

画像


ジャンヌレは、画家として作品を発表し、1920年代のパリの最先端の芸術家たちとの交流の中から様々な刺激をうけ、やがて近代建築の旗手「ル・コルビュジェ」に生まれ変わっていきます。

↓レジェ 「サイフォン」

画像


↓ ピカソ「小さなキッチン」 ピカソはやっぱり素晴らしくて、私、これはお土産のハガキも買いました。

画像


コルビュジェの建築作品は、色々と知っていましたが、ピュリスム時代の彼についてはほとんど知らなかったので、ちょっと難しいながらも、楽しい刺激をうけた展覧会でした。

平面上の中で表現される絵画とは異なり、建築というのはある目的があり、長い年月にわたり人がそれを使用する事になる上に、製作には莫大な費用がかかるもの。

「住宅は住むための機械である」

これはコルビュジェの有名な言葉ですが、その機能主義的な面と、彼が影響を受けてきた美の在り方とは、どの様な融合をとげてきたのだろう?

その結実は1931年に竣工したサヴォア邸だろうと思います。出来立てホヤホヤのサヴォア邸を訪れる、みたいな当時の映像が展覧会では流されていましたが、いやいや素晴らしいの一語です。

サヴォア邸は20世紀の住宅建築の最高傑作と言われていて、フランスの歴史遺産になっています。

画像


私は、ありとあらゆる「デザイン」が大好き。意匠が人間を豊かにする。美術、芸術が大好き。自分を不愉快にするものも含めて、およそ人間が考え出す、生み出す、クリエティブな物を愛しているし、いつまでも追いかけていたい。

そんな事をあらためて思わされた展覧会でした。建築についても、久しぶりでまたきちんと勉強したくなってきました。

ヴァイセンホフ・ジードルング

画像


1927年にドイツ工作連盟が主催した住宅展覧会。17人の建築家が参加したモダニズム建築の実践の場。戦争中にいくつかの建物は失われてしまいましたが、コルビュジェの作品は健在。シュトゥットガルト行ってみたいな~~。

ヴァイセンホフ・ジードルングのコルビュジェの住宅作品

画像


会期は5月19日(日)まで。もうすぐ終了ですので、興味のある方はお早目に。

版画素描展示室で同時開催されている「林忠正 ジャポニスムを支えたパリの美術商」も、面白かったですよ。
彼は、1878年のパリ万博に通訳として参加。その後渡仏し、日本美術をヨーロッパへ、ヨーロッパの美術を日本へと紹介した、文化交流の先駆者とも言える人です。

画像

輝く都市 (SD選書 33)
鹿島出版会
1968-12-05
ル・コルビュジェ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


"ル・コルビュジェ 絵画から建築へ ピュリスムの時代" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント