ABC殺人事件 ~ 2019年ごみつ日記 34 ~

8月に入ってから猛暑が続いてますね。熱中症にならない様に厳重注意でいきましょう!

7月が涼しかったので、いきなりの酷暑は体にこたえますが、そんな中、私の最近のマイブームは「男梅サワー」です(笑)

IMG_20190806_023324.jpg

これに梅干しを入れて氷たっぷりで飲むと実に美味しいですよ!

IMG_20190806_023507.jpg

というワケで、ちょっと梅ブームになっています。やっぱり、体が欲しているのかな?

IMG_20190806_024231.jpg

さて、「検察側の証人」「無実はさいなむ」に続き、NHK・BSにて3回にわたって放映された「ABC殺人事件」を見ました。

ポワロを演じるのは大好きなジョン・マルコヴィッチ。

D_VYDzAUwAAbDdm.jpg

今回鑑賞しているクリスティーシリーズは、どの作品もかなりのアレンジを加えていて、この「ABC殺人事件」もとても現代的にダークなサイコサスペンスになっていました。

1933年、ロンドン。名探偵ポワロのもとに「A.B.C.」と名乗る者から殺人予告の挑戦状が届く。そして、挑戦状通りに、ABCのアルファベットと同じイニシャルの地名で同じイニシャルの名前の人物が殺されていく・・・。

とにかくポワロが抱えている心の闇が、ドラマの底辺部に流れ続けていて、非常に重たい雰囲気の仕上がりでした。設定もかなり変えてある様です。クリスティー作品のコアなファンには抵抗ありそうですが、私は凄く楽しめました。

merlin_149944509_5804f33e-bad8-4775-93cc-d1cb798e4364-articleLarge.jpg


それに、謎解きに関しては、私はすっかりだまされていて、最後は「なぬ~!?」な驚きがありましたよ。

ビックリしたのは、警部を演じてたのが「ハリー・ポッター」シリーズでロンを演じていたルパート・グリントだった事!全然気が付かなかったのですが、けっこう渋い演技を見せてくれました。「ハリポシリーズ」終了後の彼の行く末が心配だったので、これも嬉しい驚きでした。

abc-murders-bbc-rupert-grint-1545865566.jpg

クリスティーのドラマ、もっともっと見たいな~。


ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

"ABC殺人事件 ~ 2019年ごみつ日記 34 ~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント