夏への扉 ―キミのいる未来へ―

2021年/日本 (監)三木孝浩
(演)山崎賢人 清原果耶 藤木直人 夏菜 眞島秀和 浜野謙太 田口トモロヲ 高梨臨 原田泰造
☆☆☆★★

f0398bec330b92726befb25d01a34c1e.jpg

https://natsu-eno-tobira.com/

先日記事にもしたロバート・A・ハインラインのSF小説「夏への扉」の舞台を現代日本におきかえた実写映画化作品です。けっこう楽しみにしていたので、早速劇場へ行って参りました。

↓本の簡単な感想

https://22596950.at.webry.info/202105/article_3.html

1995年、東京。優秀な科学者の青年・高倉宗一郎は、亡き養父・松下の会社でロボット開発の研究に没頭していた。自分を慕う松下の娘・璃子や愛猫のピートに囲まれ、穏やかで充実した日々を送る宗一郎。ところがある日、信じていた人に裏切られ、会社も研究成果もすべて失った上、冷凍睡眠で未来へ送られてしまう。30年後の2025年に目を覚ました彼は璃子が謎の死を遂げた事を知り・・・。

maxresdefault.jpg

結論から言うとまあまあ面白かったです。ハインラインの小説自体が1956年に発表されたものなので、時代や科学技術の設定を大幅に変更したのはもちろん正解だし、主人公が解決に至るまでのあれやこれやを整理してうまく2時間の映画におさまる様に工夫されていました。

まず一番気に入った改変は、藤木直人演じるヒューマノイドの存在。これはもうアシモフだな!って感じでした。また藤木直人の演技も良かったんですよね。

それとやっぱり、主演の山崎賢人の魅力かな~。山崎賢人ってさ、色んな役演じてるけど、どんな役を演じてても、人をひきつける魅力があるし、演じてるキャラクターに説得力を与える良い俳優さんだと思う。

EuMYKUeVcAMEAQa.jpg

ただし!不満もあちこちにありました。

最大の不満は、原作を読んだ人なら大納得でしょうが、ピートの存在がかな~り希薄なんですよ。

わかる、わかるよ、猫にこの原作通りの事をさせようとしたらCGにするしかないんですよね。恐らく、それだけは避けたかったんだろうとは思う。

ただ、そのせいで、ピートにたいして主人公が持っている感情の大半を、少女の璃子の存在へ持ってきている上に、まるで、璃子を演じてる清原果耶のアイドルプロモーションビデオみたいな映像をいっぱい流すんですよ。

こういうのホントに日本映画の悪いところだと思う。日本の観客、そんなにバカばっかじゃないと思うんだよ、私は!

って事で、大満足の1作ではありませんでしたが、かなり楽しめました。原作を読んでらっしゃる方は比較するためにも是非いかがでしょうか?

unnamed.jpg

この映画のこの1曲   主題歌です。

LiSA 『サプライズ』 -MUSiC CLiP-
https://www.youtube.com/watch?v=WcZwARmlUvY


月は無慈悲な夜の女王 - ロバート A ハインライン, 矢野 徹
月は無慈悲な夜の女王 - ロバート A ハインライン, 矢野 徹
 

"夏への扉 ―キミのいる未来へ―" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント